薄暗い部屋

深く探ってくれる

簡単にできるけれどかなり奥深い

歴史を重んじる京都では、縄文時代から伝わっているといわれている恋占いの石があり、修学旅行で訪れた人々だけではなく、様々な人々が実際にやってみていることも珍しくありません。 やり方としては2つの石の間を目を閉じて歩くという簡単なもので、目を閉じたまま反対側の石にたどり着くことで、恋愛が成就するかどうかがはっきりするといわれています。友人の声掛けなどでサポートしてもらうと、恋愛成就に友人のサポートが必要と考えられていたり、何度か行ってたどり着くときには、成就するには時間が必要と判断されるなど、簡単だからこそ、わかりやすい恋占いといわれています。 単純ながらも江戸時代にも多くの人から親しまれており、多数の人が活用していた歴史上奥深いものです。

恋占いができるスポットは神社だけではなく

パワースポットの中には恋占いができるスポットがたくさんありますが、中でも、神社仏閣によって多数の占いができる場所があることは知られています。 京都のスポットや島根のスポットも有名ですが、九州でも多数のメディアで紹介されているところが存在しています。 恋占いの石が存在しているお寺で、神社ではなく仏閣ではありますが、基本的なやり方は神社などに存在している恋占いの石と同様の扱いができるのです。その仏閣ではほかにも夫婦円満や子宝に恵まれるなどの様々なものがありますので、九州地方に住んでいる方にとって、恋愛成就や子宝、夫婦円満に恵まれることが期待されているスポットとして、人気が高いのです。 パワースポットでお参りしつつ、恋占いをしている人が多いといわれています。

ページの上部へ